汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗かきの原因

スポンサーリンク

病気が原因の汗かき

同じ環境下にいるにも関わらず、自分はダラダラと大汗をかいているにも関わらず、周囲の人は涼しい顔をしているような事があったりしますと「ひょっとしたら自分は汗かきなの?」などと心配になってしまうかもしれませんね。

汗かきには色々な原因がありますので、病気から汗かきという症状が現れている場合もあるでしょう。


例えば、体温を調節するために必要な汗の量を超えて、異常なほど汗をかいてしまう多汗症(たかんしょう)であったり、甲状腺が肥大したり眼球が突出する、頻脈、手の震えなどの症状などでも知られている甲状腺異常のバセドウ病などがあげられます

もし病気の事が心配ということであれば、これはもう迷うことなく内科での診察を受けたほうがよいと思います。

しかしながら、どこにも身体に異変がないのに、あまり暑くない状況で汗をかいてしまうようであれば、これはもう別の原因を考える必要がありますね。

病気以外の汗かきの原因

病気以外の汗かきの原因としましては、下記のようなことが考えられます。

(1)肉類や脂質の多い食べ物の過剰な摂取。
(2)植物を原料とした調味料の一種である香辛料のたくさん含まれているような辛いものを過剰に食べている。
(3)お酒をたくさん、そして毎日のように飲んでいる。
(4)毛深い方。


人体には汗腺と呼ばれる汗を分泌するための腺が、全身に存在しています。その汗腺が上記のような条件下に置かれてしまいますと、大変汗をかきやすい状態になってしまうわけなんですね。

ところで上記の条件とは少し異なりますが、ダイエットを行った結果、汗かきになったという方もいらっしゃいます。その方は、元々はあまり汗をかかない体質だったそうです。


例えばお風呂やサウナに入ってもあまり汗をかかなかったそうなんですが、ダイエットを行った結果、冬の寒い時期でも簡単に汗をかくようになっってしまったそうです。

人体って簡単とは言いませんが、何かしらのことをきっかけに体質が変わってしまうものなんですね。ちなみにその方のケースでは代謝がよくなったのではないかと言われています。


>>ストレスと冷え性が原因の汗かき<<にこちらに続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事