汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

ストレスと冷え性が原因の汗かき

スポンサーリンク

>>汗かきの原因<<からの続きです。

ストレスが原因の汗かき

ストレスが原因となってたくさんの汗をかいてしまうことがあります。汗というのは、その人の置かれている精神状態に影響を受けてしまいます。

例えば、人の前に立ってプレゼンテーションをするなどで不安や緊張状態に陥った時などにストレスを受けてしまい、他の人よりもたくさんの汗をかいてしまうことがあります。


汗かきの人は、多くの場合頭部や顔、手の平、足の裏などに汗をかくケースが多く見受けられます。

ストレスが原因で、たくさんの汗をかいてしまうようなケースでは、例え規則正しい生活に整えるなど生活習慣を改善したとしても、原因に対しての対策がマッチしていませんので汗かきが改善されることはないでしょう

これでは汗かきの根本的な解決になりませんので、できれば専門の医師と相談するべきだと思います。

冷え性が原因の汗かき

普通に考えれば、まるで繋がりがないのではないかと思えるのが汗かきと冷え性の関係です。何しろ体の末端がいつも冷たいという症状の冷え性ですから、汗かきと関係があるなんて思いつきませんよね。

誰だって、体が冷えるほど汗をかくことはないと考えるのではないでしょうか?

しかし実際には、冷え性の方で汗かきという人はたくさんいらっしゃいます。なぜ冷え性の人がたくさんの汗をかいてしまうのかと申しますと、それは次のような理由からなんですね。


人間の体には、自己防衛本能があります。そんな中で、冷え性の症状がひどくなりますと、人間の本能は身体を暖めるように命令を出します

そうすると急激に熱を発することになって、その熱量が多すぎてしまい大量の発汗作用が生じてしまうんですね。

冷え性が原因の汗かきは、冷え性を改善することで必然的に汗かきも解消されることになるでしょう。ただし、複合的に汗かきの原因が存在している場合は、冷え性を改善するだけでは汗かきは収まりません。

原因を見極めてそれに対して、別に対策が必要になってまいります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事