汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗をかきやすい場所って?

スポンサーリンク

汗腺の数と密度に左右される

人間の皮膚には汗を分泌するための細管で、汗腺と呼ばれる腺があります。

ただし、この汗腺が人間の身体に均等に位置しているわけではありません。

汗をかきやすい場所というのは、汗腺の数であるとか、あるいは密度に大きく左右されます。

そもそも人間の身体に存在している汗腺の数というのは、全部で200~500万個もあると言われております。しかし、その汗腺の全てが活発に活動をしているわけではないんですね。

活発に活動している汗腺もあれば、そうでないものもありまして、例えば同じ部位で取り上げてみた場合でも汗腺の状態には大きな個人差があります。

汗をかきやすい場所

一般論としましては、人は生まれてから3歳くらいまでに汗をたくさんかくような生活をしてきた人は、活性化している汗腺が、たくさんあることから汗をかきやすいと考えられております

上記のような状況とは反対に、ほとんど汗をかくことなく生活してきた人は、活性化している汗腺が少ないことから汗をかきづらい体質になっているということになります。

また、汗のかきやすさと言いますと、汗腺の密度にも関係してまいります。もちろん、汗腺が密集している方が汗をかきやすい場所ということになります。


実際に身体の中で具体的に汗をかきやすい場所というのは下記の通りです。

【汗をかきやすい場所】
(1)手の平
(2)足の裏
(3)額


上記のようなところは、汗腺が多く存在しておりますので汗をかきやすい場所なのです。

ただし、手の平にはたくさんの汗腺のが存在することから汗をかきやすい場所ではあるのですが、別の意味で手に多量の汗をかいてしまう人がいます。

特に手の平に集中して汗をかいてしまう、手汗とか手掌多汗症と呼ばれる症状のことなのです。

手掌多汗症(手汗)とは、何かしらの原因により、二つある自律神経の中で特に交感神経の活動が活性化してしまって手の平に多量の汗をかいてしまう、そして普段の生活にまで支障が出てしまう症状のことです。


>>二つの汗腺に影響される汗かき<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事