汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗かきと多汗症の違いとは?

スポンサーリンク

線引が難しい場合もある

汗に関する表現のことで似たイメージのものがあります。汗かきと多汗症を比べた場合、どちらも同じものかと思われるかたもいらっしゃるかもしれませんね。

どちらも大汗をかいてしまうことはお分かりいただけると思います。それでもやはり多汗症の言葉の通り、こちらのほうが病的に聞こえるのではないでしょうか?


また、顔や手足、そして脇の下などに大量の汗をかいてしまって、あまりにも汗をかきやすい体質の人の場合、「もしかしたら自分は多汗症ではないのか?」などと心配されてしまうかもしれません。

専門家でもない人が、汗かきと多汗症に明確な線引をすることは非常に困難なことだと思います。というよりも無理だと判断して、お悩みであれば病院に行って診察してもらうべきでしょう。

汗かきと多汗症

それでも明確な線引は無理にしても、そこはやはり目安というものは存在します。例えば、運動をした時とか真夏のような気温の高い時、そしてラーメンのような熱々の食べ物を食べた時のように、誰でも汗をかいてしまうような条件下にあって、周囲の人よりもたくさんの汗をかいてしまうのが汗かきなのであります

また汗の量だけの問題ではありません。汗かきの人というのは、周囲の人が多少の暑さは感じたとしても汗をかくほどの気温ではない場合でも汗をかいたり、少しの運動でも汗をかいてしまうのです。


常日頃から運動をしているであればともかくとして、運動不足の人は少しの運動でもたくさんの汗をかいてしまいます。これなどは運動不足が原因となって汗かきになっているわけですね。

それに少しの運動でたくさんの汗をかいてしまう人というのは、運動嫌いになりがちです。そうすると益々汗をかきやすくなってしまいます。

食事に関してですが、例えば一緒に食事をしていて、他の人は軽く汗ばむ程度にしても汗かきの人は一人だけ大量の汗をかいてしまうこともあるでしょう。

要するに汗かきの人は、汗をかく量や頻度も他の人と比べるとはるかに多いということになります。


>>汗かきと多汗症は別物です<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事