汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗かきと多汗症は別物です

スポンサーリンク

>>汗かきと多汗症の違いとは?<<からの続きです。

適温のリラックスした環境でも汗をかく多汗症

汗かきの人というのは、多くの人が汗をかいてしまうような条件下にあって、他の人よりもたくさんの汗をかいてしまうことです。

そんな汗かきに対して多汗症の人というのは、例えば自分の部屋にいるような、本来はリラックスできる環境に置かれた状態であっても脇の下などにびっしょりになるほどの汗をかいてしまいます。


ですから、汗かきの人でも汗をかかないような状況でも関わらず汗をかいてしまうんですね。要するに、人間が汗をかくような条件が何も見当たらなくても常に汗をかいてしまいます。

例えば、ご自身が体感しているよりも症状の進行が早く、悪化するとかなり厄介な急性リウマチであるとか、、甲状腺肥大や眼球突出などの症状で知られているバセドウ病などの疾患が原因となって汗の異常分泌を促している場合もあります。

自律神経の乱れが原因

ただ、一般的に多汗症と言いますと、自分の意思とは関係なく機能してくれている神経である、自律神経のバランスが崩れていることから引き起こされるケースが圧倒的に多くなっております

自律神経の一つである副交感神経というのは、人が興奮状態にあったり、あるいは激しい活動を行っている時などに活発に機能するわけですが、そのような状況下にないにも関わらず副交感神経よりも優位になってしまうことから異常発汗という症状となって現れてくるわけですね。


自律神経のバランスというのは、非常に繊細なものなのです。例えば不規則な生活をするなどで生活習慣に問題があったり、ストレスが蓄積されるなどすると、いとも簡単に崩れてしまいます。

しかしながら反対の見方をすれば、自律神経の乱れからくる多汗症は、自律神経を整えることで抑える事ができるという理屈になります。

自律神経の乱れも多少のことであれば、元に戻すのもそれほど大変なことではありません。でも、それが重度ということになりますと、簡単には自律神経の乱れを修正することはできなくなってしまいます。

こんなところにも、早期に治療を始めることの大切さが出ているわけですね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事