汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗をかくと汗腺の働きが活発になる

スポンサーリンク

>>汗かきは代謝が良い証拠ですか?<<からの続きです。

熱を放出する役割を持つ発汗

サウナなどでたくさんの汗をかくと、代謝が活発に行われて健康にも良いというイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、汗をかくことと代謝が活発に行われていることには関係がないわけであります。しかしながら、汗をかかないという状態になってしまったら体温調整機能が失われてしまうということになりますので、これは人間の体にとって大きな問題になってしまいます。


人間の体で代謝が行われますと、必然的に熱も発生することになります。そしてその熱は、当然のことながら体の外に放出しなければいけません。

汗をかくということは、その代謝によって発生した熱を放出する役割も担っているんですね。

ところが汗をかかない状態になってしまった場合、本来体温調整を行ってくれる汗腺の働きが弱体化してしまうので、人間の体の本能は、別なところに活路を見出すべく、代謝を抑制する方向に働きかけてしまうんですね。

汗腺の働きを活性化させる汗

ここに人間の体は、汗をかかないことに対しての負の連鎖が誕生してしまうことになります。要するに汗をかかないので代謝を抑制する、そうすると益々汗腺の働きが弱体化してさらに汗をかきづらい状態になってしまうということになります。

このような状態が続いて、汗腺の働きがドンドン悪化してしまいますと、最後には汗をかくことができないところまで行き着いてしまって低代謝状態に陥る可能性が出てまいります。

人間の体にとって、汗をかくということがイコール代謝が良いということではありません。しかしながら、汗をかくということは汗腺の働きが活性化するということでもあります。


以上のように汗をかくということは、代謝能力を低下させないためにも大切なことだったんですね。

サウナなどでたくさんの汗をかくということは、代謝が良いから汗をかくのではなく体温調整機能の働きによって汗をかくということ、そしてそれは代謝能力を低下させないことに繋がるということです



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事