汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗かきと運動の関係とは?

スポンサーリンク

悪い汗をかきやすい人たち

汗かきと運動というのは微妙な関係にあるとは思いませんか?例えば、運動とは言えないような、少し体を動かしただけで、も居たたまれない思いをするくらいに汗をかいてしまう方がいらっしゃいます。

そうなると、運動することが嫌いになったりすることもあるはずです。また、汗かきの人の中には、運動をすることで余計に汗かきが酷くなると考えている方もいらっしゃるようです。しかしながら、事実はその反対なんですね。


汗には良い汗と悪い汗がありますが、運動不足の人というのは、後者の悪い汗をかきやすい状態にあるのです。具体的に悪い汗というのは、どのような汗かと言えば、臭い臭いのする汗だったり、あるいは雑菌が繁殖しやすい汗だったりするわけです。

その理由としましては、現代人は運動不足の人が圧倒的に多いわけでありますが、運動不足の状態にありますと手や足の血管である末梢血管の血液循環が悪化してしまい、汗腺にまで酸素がしっかりと供給されなくなることから引き起こされるのであります。

汗をかきやす肥満

さらには運動不足だと、皮下脂肪を燃焼することができませんので、脂肪が厚くなる肥満傾向な状態にあるはずです。皮下脂肪が厚いということは、体内の熱がこもりがちになりますので、汗をかきやすくなってしまうのです。

肥満体型の方は、皮下脂肪の影響で体内の熱が内部に篭ってしまうわけであります。それでは隠れ肥満と呼ばれる内臓脂肪がたくさん付着している方はどうなのでしょうか?実は、隠れ肥満の人も、皮下脂肪による肥満の人も同じなんですね。


時折、太っているようには全然見えない、あるいは痩せているにも関わらず汗かきの人たちがいます。このような方たちというのは、隠れ肥満の可能性が高いと考えるべきでしょう。昔は汗かきではなかったのに、ある年齢から汗かきになったという人がいます。

このような方たちの中で、体系的にはそれほど変化がないということであれば、内臓脂肪の存在、要するに隠れ肥満を疑った方がよいかもしれませんね。そんな時は、健康診断を受けることで実情が明らかとなるはずです。


※>>有酸素運動で良い汗をかきましょう<<(準備中)に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事