汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

足などのように汗をかくから臭いニオイを発する汗かき

スポンサーリンク

汗をかいて臭いニオイを発する人

汗に関することで、『汗をかくから臭いニオイを発するようになる』と考える方が多いのではないでしょうか?

ところが、意外に思われるかもしれませんが、汗というのはそれ自体はそれほど臭うものではないのであります。

もちろん、汗をかくことで臭いニオイを発するようになる方がいます。しかし、その一方で汗をかいても、それほど臭くならない人もいるのです。

それでは、汗をかくことで臭いニオイを発する人たちがいるのはなぜなのでしょうか?

常在菌や皮脂などに混ざり合う汗

運動をしたり、あるいは気温が上昇して暑くなったりすると、二種類ある汗腺の中のエクリン腺から汗が分泌されることになります。そして、エクリン腺から分泌される汗というのは、その成分の多くは水分なのです。

このように、成分のほとんどを水分で占めている汗は、当然のことながら臭いわけないんですね。しかし、エクリン腺から分泌された水分が主成分の汗が、皮膚に付着している常在菌や皮脂と混ざり合うことで臭いニオイを発するようになるわけであります。

このようなケースにおいては、その対処法として肌を清潔に維持してあげることで臭いニオイの発生を防ぐことができます。

アポクリン腺から分泌される汗

人間の汗腺には、エクリン腺意外にアポクリン腺と呼ばれる汗腺が存在します。アポクリン腺から分泌される汗には、アンモニアなどの成分が含まれているんですね。

そして、このアポクリン腺という汗腺は、特に脇の下に集中して存在しているのですが、この汗腺から分泌される汗もまた、エクリン腺から分泌される汗と同様に常在菌や皮脂と混ざり合うようになります。

アポクリン腺から分泌された汗が常在菌と混ざり合うと、時間の経過とともに酸化が進行して独特の強いニオイを発するようになるのであります。これが、腋臭発生のメカニズムなのです。

ニオイが気になる場合は病院へ

脇の下からの汗が大量だからと言って、必ず臭いニオイを発すると決まっているわけではありません。全ての人が腋臭という事実などありませんからね。

それでも、もし脇の下のニオイが気になるようであれば、一度専門の病院に行って相談することをおすすめします。もし、本当に腋臭ということであれば、やはりそれなりに対処する必要がありますからね。

腋臭のニオイというのは、自分自身では気がつかないことが多く、知らないうちに周囲に迷惑をかけてしまうことがあり得ますので、ご注意いただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事