汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗かきの人に限らず臭い汗と臭くない汗があります

スポンサーリンク

臭い汗と臭くない汗

私たちが日頃、何も意識しないでかいている汗ですが、実のところを言いますと、臭い汗と臭くない汗があるんですね。

このように汗には単純なものではなく、種類があることを皆さんはご存知ですか?

そんな汗なのですが、その前段階として汗を分泌している汗腺について、お話を進めてみたいと思います。

エクリン線から分泌される汗

汗を分泌している汗腺は一つだけではなく、、エクリン線とアポクリン腺の2種類あります。私たちが暮らして行く中で、気温が上昇したり運動をするなどした時に、体温調節のためにかく汗は、エクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗になります。

このエクリン腺から分泌される汗は、その主成分は水であり、しかも99%を占めているのです。残されたわずか1%の中には、それぞれ少量の「ナトリウム」「カルシウム」「カリウム」「塩素」「アンモニア」「尿素」「電解質」「重炭酸イオン」などが含まれております。

前述した通り、エクリン腺から分泌される汗は体温調節のために分泌される汗であり、その99%が水分ということで、サラサラとした“臭くない汗”ということになります。

アポクリン腺から分泌される汗

臭くない汗を分泌するエクリン腺は、全身のいたるところに存在しておりますが、一方のアポクリン腺はと言いますと、身体の限られている場所に存在しているのです。そして、アポクリン腺のほとんどは、脇の下に集中して存在しているのです。

アポクリン腺から分泌される汗の成分としましては、「アンモニア」「脂質」「糖質」「タンパク質」「鉄分」「ピルピン酸」「色素リポフスチン」などなど実に様々なのであります。

アポクリン腺から分泌される汗は、エクリン腺から分泌される汗とは異なり、体温調節の目的もありませんし、多様な成分を含んでいることから粘り気があってベタついた汗になっているんですね。

そしてこの汗は、前述した通り、たくさんの栄養素を含んでいることから雑菌が繁殖しやすく、皮膚の表面をアルカリ性に変えてしむことから、“臭い汗”となってしまうのであります。

フェロモンとも言える臭い汗

アポクリン腺から分泌される汗は、いわゆる動物のフェロモンの役割を果たしていると考えられています。それに対して、運動をした時などにかく汗は、体温調節を目的としていますので、臭くない汗になります。

遊園地のアトラクションには、絶叫マシンがありますが、このような手に汗を握るような不安や緊張状態に置かれた時にかく汗は、ミネラル分の再吸収が正常に行われないことから、臭い汗となってしまうでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事