汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

頭や顔、そして背中などに大量の汗をかく汗かきの原因

スポンサーリンク

体温を調節する役割を担っている汗

頭や顔、そして背中などに大量の汗をかく方がいらっしゃいます。このような方たちのことを汗かきと呼んでいるわけですが、この汗かきの原因というのはどこからくるものなのでしょうか?

汗かきの原因というのは、その方個人が持っている体質であったり、あるいは体型や生活習慣などに大きく影響を受けていることが考えられます

そもそものお話、汗というのは身体の体温を調節するという大切な役割を担っている生理現象なんですね。例えば、「運動をする」「お風呂に入る」「熱いものを食べる」「気温が上昇する」などで、一時的に上昇した体温を下げるという働きがあるわけです。

汗をかきやすい体質の人たち

皆さんの身近に、汗をかきやすい体質の人っていませんか?他の人が涼しい顔をしているのに一人だけたくさんの汗をかいてしまう人のことですね。

特に肥満体型の人というのは、皮下脂肪がたくさんついているわけですから、体内の熱が放出されにくい状態にあります。そんなことから、上昇した体温を調節するためにはたくさんの汗をかかなければならないのです。

ということで、肥満体型の人には汗かきの方が多いのであります。

このように、肥満体質で汗をかきやすい体質の人がいますが、日頃から運動しているヒトというのは、汗腺が活性化した状態にあることから、体温が上昇するとすぐに汗をかくことになります。運動を日常生活に取り入れている人もまた、汗をかきやすいと言えるのです。

ところで、食べ物が体質には大きな影響を与えることは、皆さんもご存知のことと思いますが、肉類や脂質の多い食べ物を好んでよく食べる人、飲酒を習慣としている人、香辛料などの刺激物が好きな人たちも汗をかきやすい体質になっているのであります。

精神的な要因によって流れ出る汗

汗はストレスや緊張感から流れ出ることがあります。人は、過剰なストレス受けたり、あるいは緊張感を強いられたりしまいますと、「顔」「脇の下」「手のひら」などにたくさんの汗が出てくることは多くの方が経験していることでしょう。

遊園地の絶叫マシンなどに乗ると、手に汗を握る人は少なくないはずです。このような現象は、交感神経と副交感神経からなる自律神経の中で、交感神経の方が一時的に活性化することで起きることなんですね。

これはあくまでも、一時的な現象ですから、ストレスが発散されたり、緊張感から解放されれば自然と治まることでもあります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事