汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

体質改善の効果で汗かきの症状を治療できる漢方薬

スポンサーリンク

日本独自に進化を続ける漢方薬

漢方薬と言いますと、伝統的な中国医学の一種であることは皆さんも御存知のことと思います。

しかしながら漢方薬は、かつて中国より伝わってきたものの、江戸幕府の鎖国制度のによって日本独自に発展したという経緯があります。

また日本では、医薬品医療機器等法の立法化により漢方薬も各社で成分分析が実施されたことから、本家である中国にはない漢方薬も存在しています。

それは、“爆買い”とはいかないまでも中国からも、わざわざ日本の漢方薬を買い付けにくるくらいの人気ぶりなのであります。

以上のように優れた日本の漢方薬なのですが、汗かきにも効果がある漢方薬は存在するのでしょうか?

汗かきに効果がある漢方薬とは?

汗かきに効果がある漢方薬としましては、下記のようなものをあげることができます。

・黄蓍建中湯(おうぎけんちゅうとう)・・・黄蓍建中湯と呼ばれる漢方薬は、体力低下や万sねい疲労、そして食欲不振などに効果があると言われています。

・桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)・・・桂枝加竜骨牡蛎湯と呼ばれる漢方薬は、睡眠障害やめまい、生理不順、下痢、頭痛などに効果があると言われております。

・白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)・・・白虎加人参湯と呼ばれる漢方薬は、糖尿病や肝臓病、皮膚炎、バセドウ病などに効果があると考えられています。

漢方薬を服用する際の注意すべき点

漢方薬は、体質を改善することで身体的な不調を治療するという特質があります。

そんなことから、患者さんの体質や体重、汗をかくタイミング、顔色、他には症状がないのかどうかなど様々に考慮した上でその人に合った漢方薬を処方することが、非常に大切になってまいります。

一般的にも漢方薬は、大手の製薬会社から市販されていますが、本当に改善の効果を望むのであれば、漢方薬局か漢方薬を処方できる医師がいる病院に行く必要があるでしょう。

患者さんの体質に合っていない患者さんの漢方薬をいくら服用しても汗かきの体質は改善できませんからね。

市販の漢方薬は効果がありますか?

ドラッグストアなどには、大手製薬会社より処方医された状態の漢方薬が販売されています。これらの漢方薬では、汗かきの症状は改善する事ができないのでしょうか?

前述した通り、漢方薬は服用する人の体質に合っていれば効果があるわけですね。ということは、たまたま市販の漢方薬が合った患者さんは良い効果を得ることができるでしょう。

しかしながら、それこそ『当たるも八卦当たらぬも八卦』という世界になってしまいますので、あまり期待しない方がよいと思います。

それに市販の漢方薬では、健康保険が適用になりませんから、経済的な負担を考えても病院に行って処方してもらうべきですね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事