汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

汗臭い 臭いを治すあるいは食べ物などで抑える方法とは?

スポンサーリンク

自覚できないこともある自分の体臭

自分の体臭というものは、自分ではなかなか気がつかなかったりしますが、案外と自覚がないままに周囲の人間に迷惑を掛けていることあるでしょう。

そしてその体臭というのは、当然のことながら汗臭い臭いのことも含んでいるわけであります。

他人の体臭というものは、不思議とすぐに気がつくものですから、汗臭い臭いを発散させていたら、周囲に人間にはすぐにそれと気がつかれてしまうことでしょう。

また、自分の汗臭いに臭いも含めた体臭というのは、一度気になり始めたら必要以上に、そして神経質なくらいに気にする人も少なくありません。

そんな汗臭い臭いなのですが、これを治すためにはどのような方法があるのでしょうか?

汗臭い臭いを抑える具体的な方法

多くの子供たちの汗というのは、さらさらで臭いの少ないものとなっています。これは汗腺の働きが活発だからなんですね。ところが人間の汗腺というのは、運動不足の状態が続いて汗をかく機会が少なくなってまいりますと、汗腺が機能が低下しまうのであります。

ということで、子供たちのような臭いの少ないサラサラの汗をかくようにするためには、汗腺の働きを活性化させる必要があるんですね。

そして汗腺の働きを活性化させるためには、下記のようなポイントに注意しながら日々の生活をおくるとよいでしょう。

・毎日有酸素運動を行う
・お風呂でゆっくりと汗を流す
・一日の水分摂取量は2リットル
・食生活を改善する
・毛深い人は脱毛する

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・毎日有酸素運動を行う・・・子供たちの汗腺が活発に働いているのは、カラダをよく動かしいるからなんですね。ということで、汗臭い臭いに悩まされている方は、子供たちと同じようにカラダを動かして運動をする必要があります。

運動には色々ありますが、その中でも有酸素運動の実行をおすすめします。有酸素運動といいましても、いきなり激しい運動をする必要はなくウォーキングから始めるとよいでしょう。

・お風呂でゆっくりと汗を流す・・・お風呂に入って、できれば半身浴で汗を流すようにすると汗腺が活性化してまいります。

・一日の水分摂取量は2リットル・・・有酸素運動や半身浴などで汗をかくわけですから、当然水分の補給は必須です。一日辺りの水分摂取量の目安としましては、最低でも2リットルとなります。

・食生活を改善する・・・肉類を中心とした食生活を送っている方というのは、汗の臭いがきつくなってしまいます。欧米の人たちに腋臭が多いのは、肉食によるものであることは皆さんもご存知のことと思います。

したがいまして、汗臭い臭いが気になる方は、野菜中心の食生活に移行する必要があるでしょう。

・毛深い人は脱毛する・・・男性の場合は、色々と問題があるかもしえませんが、毛深い人は脱毛した方が汗臭い臭いは抑えることができます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事