汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

一時的に大きな効果を得られるボトックス注射の汗かき治療

スポンサーリンク

神経の伝達を阻止するボトックス

皆さんはボトックスってごん存じですか?ボトックスとは、タンパク質の一種なのですが、実はボツリヌス菌から抽出される成分なんですね。

ボツリヌス菌と言いますと、あの食中毒であまりにも有名な細菌ですが、このボツリヌス菌から抽出されるボトックスは、古くから美容の世界で使われてきたという実績があります。

そんなボトックスなのですが、この成分には神経伝達物質であるアセチルコリンを阻止する働きがあるんですね。

ということで、汗かきに対してボトックス注射による治療を施すことで、汗の分泌を促進しようとする神経をボトックスでブロックすることができるわけであります。

多汗症治療にも効果的なボトックス

汗の分泌を促進する神経をブロックしてしまうわけですから、手や足、そして脇の下などから大量の汗が吹き出てくる多汗症にも非常に効果が治療の方法になります。

ボトックス注射は、多汗症に対しても取り入れられている治療の方法ですので、汗かきに対しても大いに効果を発揮してくれる治療の方法になるのは当たり前のことですね。

汗かきの悩みは大きいものの、手術を受けるとなりますと、やはりそこには必ずリスクが存在しますので、どうしてもハードルが高くなってしまうでしょう。

そんな方にとっては、後遺症や傷跡の心配がないボトックス注射は、非常に有効な治療の方法と言えますね。

定期的な治療が必要なボトックス

ボトックス注射による汗かきの治療は、一度注射を打てば、それがずっと続くわけではないんですね。もちろん、ボトックスが効いている間は、運動をしても緊張する場面に遭遇しても、汗が噴き出ることはありません。

しかしながら、ボトックス注射の効果が持続できるのは6ヶ月程度と言われているのです。

ボトックス注射を費用の面で考えた場合、一回の治療で必要となる費用な約5万円程度となりますので、年間にすると10万円の出費ということになります。そして汗を抑えるためには、これがずっと続くんですね。

ここに、ボトックス注射による汗かきの治療の治療に対する大きな問題点があるわけです。要するに、汗かきの悩みでボトックス注射の治療を受ける方は、年間10万円の出費は問題ないという人に限られてしまいます。

あなたは、年間10万円の出費をどう考えますか?

ところで、ボトックス注射は汗を抑えることができますが、腋臭には効果がほとんどありませんので、別の治療方法を考える必要がありますね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事