汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

半身浴がおすすめとなる汗かきを改善できるお風呂の入り方

スポンサーリンク

汗腺トレーニングで改善する汗かき

皆さんは、汗腺トレーニングって聞いたことがありますか?深刻なほどの運動不足な人が圧倒的に多い現代人はは、汗腺の数が減ってしまって汗をかきにくい人が増加傾向にあります。

また、汗腺の機能が衰えることで、ミネラルが混在した臭いニオイを発する、いわゆる悪い汗をかく人も多いのであります。

そんな状況下にある人たちに対して、正常な汗をかくようにするためのトレーニング法があるんですね。それが、汗腺トレーニングなのです。

そんな汗腺トレーニングなのですが、実は汗かきという症状に対しても改善する効果を期待できるのであります。

汗腺トレーニングの具体的なやり方

汗腺トレーニングは、カラダを内側から温めることで汗腺を長時間にわたって開いた状態にしておいて汗をたくさんかくようにします。そして汗をかいた後に、汗の蒸発によってカラダを冷却させるという方法になります。

汗腺トレーニングの具体的なやり方は、下記のような流れ出行ってみてください。

(1)湯温を43~44度という熱いお湯に設定して膝下を10~15分程度浸しましょう。
(2)(1)の後に、湯温を36くらいのぬるいお湯に設定して全身で10~15分程度浸かります。
(3)お風呂から上がったら、カラダについている水分を拭い取った後、エアコンを使っていない部屋で汗が蒸発するのを待ちます。
(4)汗の蒸発を待つ間は、服は着ないようにしましょう。

以上が、汗腺トレーニングのやり方になります。いかがですか?とても簡単な方法ですよね。

熱いお湯とぬるいお湯を使い分けなければならないところが、少し面倒かもしれませんが、非常に効果がある方法と言われているので、もし汗かきにお悩みということであれば、試してみてくださいね。

汗腺トレーニングのポイント

汗腺トレーニングの(4)で汗を乾かしている時、水分及びクエン酸を補給してあげると、さらに効果が上がると言われていますので、今、健康ドリンクとして人気がある黒酢や果実酢などでオリジナルのドリンクを作って飲むと良いでしょう。

上記で述べているような汗腺トレーニングであれば、新たに費用をかけることなく自宅で実行することができます。

多少は手間がかかるところはあるにしても、実際に続けている方たちの間では、この方法で汗をかかなくなったというコメントは少なくありませんので、ぜひチェレンジしてみていただければと思います。

いずれにしても、健康的な汗をかくということはカラダにとって大切なことですからね。



関連記事

スポンサーリンク

新着記事