汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

どこから汗が噴き出るかによって病名が異なる多汗症

スポンサーリンク

多汗症と汗かきは違うものです

大量の汗をかくという症状が現れる病気に多汗症があります。例えば、体質的に汗をかきやすい人たちがいらっしゃいますが、いわゆる汗かきと呼ばれる人たちのことですね。

汗かきと多汗症でも、意味合いが違ったものなんですね。ただ単に、全身から汗をかきやすい体質にある方を『汗かき』と呼んでいるわけですね。

しかしながら多汗症は、もっと病的に大量の汗をかいてしまう病気なんですね。そして多汗症には、全身性多汗症と局所性多汗症の二つの種類が存在しているのであります。

全身性多汗症とは?

全身性多汗症とは、文字通り全身から大量の汗が吹き出てくる症状が現れる多汗症のことを言います。

そして局所性多汗症とは、こちらもまたその病名の通りで限定された各部位から大量の汗が噴き出るという症状が現れる多汗症のことを言います。局所多汗症の限定された部位を具体的に言いますと、「頭」「顔」「脇の下」「手」「足の裏」などがあります。

大量の汗が噴き出る症状が現れる要素には、自律神経のバランスが崩れるなどのメンタル面の病気が原因となることがありますが、多汗症は精神的、そして身体的な異変が原因となって引き起こされる病気になります。

エクリン腺とアポクリン腺

当たり前のお話ではありますが、汗は汗腺から流れ出てくるわけでありますが、その汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の二つの種類があるんですね。

アポクリン腺から分泌される汗には、「タンパク質」「アンモニア」「脂質」「糖質」「鉄分」などが含まれていることから、本来は無臭に近いのですが皮膚に存在する常在菌によって分解されることで異臭を発することがあります。これが腋臭と飛ばれる悪臭の正体なんですね。

アポクリン腺は主に、「脇の下」「陰部」「外耳道」「肛門」などに存在しています。

一方のエクリン腺なのですが、こちらは全身に存在している汗腺になります。エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分であることからニオイはほとんどないんですね。そして、残りの1%に塩分や尿素、アンモニアなどが含まれているのであります。

そしてこのエクリン腺に以上が発生することで、大量の汗が吹き出る多汗症を発症することになるのです。世の中には、ご自身が多汗症であることに気がつかない方が少なからずいらっしゃいます。汗をかきやすい汗かきだと思い込んでいる方たちのことです。

異常なほどの大量の汗をかいてしまう方は、一度病院に行って診察してもらった方が良いかもしれませんね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事