汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

異常に流れ出る汗!大きく5つに分類される多汗症の種類

スポンサーリンク

大きく5つに分類される多汗症

多汗症と言いますと、ただ異常なほど汗が流れ出ることだと思っていたりしませんか?

しかしながら多汗症は、簡単に一括りできるような病気というわけではありません。ハッキリと言わせていただくとすれば多汗症は、大きく5つに分類されるのであります。

具体的にどのように分類されるのかと申しますと、それは下記のようになるでしょう。

・全身性多汗症(ぜんしんせいたかんしょう)
・手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)
・局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)
・味覚性多汗症(みかくせいたかんしょう)
・足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)

それでは、個々に説明させていただきたいと思います。

・全身性多汗症(ぜんしんせいたかんしょう)・・・全身性多汗症とは、文字通り、全身から異常なほどたくさんの汗をかくことになります。具体的な部位で言えば、元々汗をかきやすい胸部、腹部、背中、臀部、大腿部などです。

全身性多汗症は、先天性のケースもありますが、何かしらの病気が原因となって現れてくることがあります。

・手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)・・・手掌多汗症とは、こちら文字通り、手のひらから異常なほどたくさんの汗をかいてしまう症状のことを言います。元々『手に汗握る・・・』という表現がある通り、緊張した場面になりますと、誰もが手のひらに汗をかくことになります。

しかしながら手掌多汗症の人は、特別、緊張するような理由がないのに汗をかいてしまうのであります。

・局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)・・・局所性多汗症とは、交感神経と副交感神経で構成されている自律神経のバランスが崩れることが原因となって、頭部、顔、脇の下、手のひら、足の裏などの特定の部位から異常なほどたくさんの汗をかくという症状が現れることを言います。

・味覚性多汗症(みかくせいたかんしょう)・・・味覚性多汗症とは、食事をする時に異常なほどのたくさんの汗をかくという症状が現れることを言います。食べ物の中でも、特に強い反応があるのは酸味や辛味の強い食べ物などになります。

・足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)・・・足蹠多汗症とは、足の裏に異常なほどの汗をかくという症状が現れることをいいますが、この病気を発症しますと、靴下がすぐにビショビショになってしまうんですね。

そんなことから、外出できないなど日常生活にも大きな支障が出ることになるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事