汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

エクリン腺とアポクリン腺の違いと多汗症や体臭との関係

スポンサーリンク

エクリン腺とアポクリン腺の2種類ある汗腺

私たちのカラダから汗が流れ出るという現象は、汗腺と呼ばれる器官から汗が分泌されることから現れることになるのであります。

そんな汗を分泌している汗腺なのですが、実はエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があるんですね。

それでは具体的に、エクリン腺とアポクリン腺には、どのような違いがあるのでしょうか?

エクリン腺とエクリン汗

エクリン腺と呼ばれる汗腺は、全身に張り巡らされている汗腺であり、もちろん、目で視認することができないくらいの小さなものなんですね。

そしてエクリン腺から分泌される汗はエクリン汗と呼ばれておりまして、その99%を占めているのが「水分」であり、残りの1%が「塩分」「アンモニア」「尿素」などという構成になっているのであります。

エクリン腺から分泌される汗はエクリン汗には、前述した通り、「アンモニア」「尿素」などの臭い成分が少し含まれていることから、完全に無臭というわけにはまりませんが、それほど強い臭いを発するものではありません。

そして、無臭に近いエクリン汗は肌の雑菌が繁殖するのを防ぐという作用が働くのであります。

アポクリン腺とアポクリン汗

アポクリン腺もエクリン腺と同様に汗腺ではあるのですが、全身に張り巡らされているわけではありません。アポクリン腺は、カラダの特定部位に集中して存在しているんですね。

アポクリン腺が集中して存在しているカラダの特定部位を具体的に言いますと、「脇の下」「乳輪」「お臍の周辺」「肛門の周辺」ということになります。

そしてアポクリン腺から分泌される汗はアポクリン汗と呼ばれておりまして、この汗はエクリン腺とは違い、「脂質」や「アンモニア」などの成分がたくさん含まれていることから、強い臭いを発することになるでしょう。

またアポクリン汗は、上記で述べているような成分が含まれていることから、粘り気がある汗となっているのであります。

体臭の原因となるアポクリン汗

皆さんもワキガってご存知だと思いますが、脇の下からたくさんのアポクリン汗が分泌されてしまいますと、それがワキガの原因になるのです。要するに、アポクリン汗は体臭の原因になるのであります。

ところで、革靴やブーツなどを履いていると足から酷い臭いが発せられることがありますが、足の裏というのは、エクリン腺とアポクリン腺が密集して存在している部位なんですね。そんなことから、靴を履いた状態で汗をかきますと、それが臭い足の原因になるのであります。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事