汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

多汗症とは異なっている温熱発汗とそのメカニズムとは?

スポンサーリンク

体温を調節するために汗をかく温熱性発汗

多汗症や汗かきなどに関わる記事を読んでいますと、時折、“温熱性発汗”という言葉が出てまいりますが、これってどのような意味があるのかということをご存知でしょうか?

温熱性発汗とは、要するに体温を調節するために流れ出る汗のことを言います。例えば、気温の上昇や熱々の食べ物を食べる時などに汗をかくことが多いでしょう。

また、運動をするなどでカラダを動かすと、やはり汗をかくことになるかと思います。このように、体温が上昇した時にそれを抑えるために汗が流れ出るわけですね。

温熱性発汗が作動するメカニズム

私たちのカラダは、だいたいのことろ37℃で体温が維持されていなければなりません。したがいまして、気温の上昇や食事、そして運動などによって体温が上昇を始めると37℃を超えようとした段階で脳が37℃で体温を維持するように信号を発することになるんですね。

このような形で脳が信号を発しますと、それを受信した実働部隊であるカラダは、エクリン腺とアポクリン腺から汗を分泌して体温の上昇を抑えることになるのであります。これが、温熱性発汗が作動するメカニズムなのです。

当たり前のお話ではありますが、気温の上昇や食事、そして運動などによって上昇した体温を調節するために流れ出る大量の汗は、自然に起きる正常な生理現象でありますから多汗症というわけではありません。

ただし、ちょっと意外と思われるかもしれませんが、大勢の人の前で行う時に、その緊張感から流れ出る汗や極度に驚いた時に流れ出る汗もまた温熱性発汗なのであります。

温熱性発汗が作動しないとどうなりますか?

気温の上昇や食事、そして運動などという体温が上昇して、それを抑えるために作動するような原因がハッキリしている温熱性発汗なのですが、それでもやはりたくさんの汗をかくという現象は煩わしいと感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。

もしこのような温熱性発汗が作動しなかったら、私たちのカラダはどうなってしまうのでしょうか?

仮に体温が上昇した時に温熱性発汗が作動しないということになりますと、体温の調節ができなくなることからカラダの中に熱がこもってしまうんですね。そうすると、熱中症になって、あなたの生命を脅かすことになりかねないのであります。

要するに、温熱性発汗が作動しないということは、生命の維持が難しくなることを意味しているということになります。温熱性発汗という機能は、人間のカラダに備わっている優れたメカニズムであると言えるでしょう。




関連記事

スポンサーリンク

新着記事