汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

味覚性発汗のメカニズムとその緊張感が原因になる味覚性多汗症

スポンサーリンク

味覚性発汗とはなんのことですか?

皆さんにとっては、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、味覚性発汗って見聞きしたことがありますか?

味覚性発汗とは、ある物を飲んだり食べたりした時に、その口にするという行為に対して反応して汗をかくことです。

例えば、「辛い飲み物や食べ物」「酸っぱい飲み物や食べ物」「苦い飲み物や食べ物」などを口にした時というのは、汗をかいたことがあるという経験をお持ちの方は、少なからずいらっしゃるかと思います。

激辛物を口にすることで多くの人は発汗します

特に激辛物などを口にすると大汗をかくことは、けっして珍しいことではないでしょう。このように、飲んだり食べたりした時に汗をかくという反応は、『身体的に何かしらの異変が発生しているのではないか?』などと心配されるかもしれませんね。

しかしながら味覚性発汗というのは、飲み物や食べ物に対する反射作用というべきものでありまして、ごく当たり前の反応なのであります。したがいまして味覚性発汗は、身体的に異変が発生しているといことにはなりません。

酸っぱいレモンを見るだけででも分泌される唾液

酸っぱいレモンや梅干しは、食べるだけではなく、見たり想像したりするだけでもたくさんの唾液が分泌されるはずですが、これは至極当たり前の身体的な反応であることは、多くの方がご存知のことと思います。

このような自然な反応と味覚性発汗は、同じであると考えて良いでしょう。要するに、人間であれば当たり前な条件反射ということになりますね。したがって、心配する必要はありませんし、もちろん、治療すべきものでもないことはハッキリとしているのであります。

味覚性多汗症になりかねない味覚性発汗の意識し過ぎ

世の中には、味覚性多汗症を意識し過ぎてしまう方がいらっしゃいます。飲んだり食べたりすることで汗が出てくるという反応に羞恥心を感じたり、あるいは汗をかきたくないと緊張すると、余計に汗が流れ出てしまうんですね。

このような味覚性発汗を気にし過ぎることが原因で、悪循環となってさらなる大量の汗をかいてしまうという症状を味覚性多汗症と言います。

味覚性多汗症を破掌すると、ある特定の飲み物や食べ物にだけ反応するのではなく、何を口にしてもたくさんの汗をかくようになってしまうのであります。これでは、他人と一緒に食事をすることができなくなってしまいますね。

もし、味覚性多汗症の症状が現れた場合は、早目に病院に行って専門の医師に相談することをおすすめします。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事