汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

多汗症の治療におけるアポクリン腺除去手術と費用の問題

スポンサーリンク

多汗症治療の最終的な手段となるアポクリン腺除去手術

多汗症を治療するためには、いくつかの方法があるわけですが、様々な方法を試みたものの思ったほどの効果を得られなかったということであれば、最終的な手段としてアポクリン腺の除去手術があります。

もちろん、アポクリン腺の除去手術と言いますと外科的な手術が行われるわけですから、そこには必ずリスクというものが存在しています。

しかしながら、そのリスクを承知の上でも煩わしいい多汗症の症状から解放されるために、アポクリン腺の除去手術を希望する方がいらっしゃることでしょう。そして実際に、このような手術を受けようと考えた場合、費用の問題をクリアする必要がありますね。

それでは具体的に、多汗症を治療するためアポクリン腺の除去手術で必要となる費用はどのくらいになるのでしょうか?

アポクリン腺除去手術で必要となる費用

多汗症を治療するために行われるアポクリン腺の除去手術は、両脇で20~30万円程度必要と言われております。当然のことながら、この金額は健康保険が適用とならない場合のものとなります。

もし仮に、健康保険の適用が認められるということであれば、6~9万円程度の費用ということになるでしょう。もちろん、この数字は相場の金額を述べているだけですから、実際に手術を行う美容クリニックや病院によって異なったものとなります。

さらに言えば、健康保険が適用されるのかどうかは担当の医師がその治療が保険診療なのか自由診療なのかを判断することで決まることになります。ただ、美容クリニックの中には保険診療を一切実施していないところもありますのでご注意くださいね。

したがいまして、健康保険が適用とならない場合は、かなり高額な手術費用になりますので、下調べをしておくことをおすすめします。

高度な技術が要求されるアポクリン腺の除去手術

多汗症を治療するために実施されるアポクリン腺の除去手術は、電気凝固法と呼ばれる方法でおこなわれるのですが、この方法は非常に高度な技術が要求される手術であると言われているんですね。

ということは、実際に手術をお願いする病院は、絶対に適当に選んではいけません。手術を受けた後に後悔しないためにも、アポクリン腺の除去手術の実績と経験が豊富で確かな技術を持っている医師がいる病院を探す必要があるでしょう。

そのためにも最低限は、ネット上での口コミや病院のホームページは確認するようにしてくださいね。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク

新着記事