汗かき、手汗、多汗症などの原因や治療する方法などについて取り上げます。

えっ、治ったの?多汗症の症状改善に効果がある漢方薬

スポンサーリンク

日本独自に進化している漢方薬

漢方薬と言いますと、その発祥の地は当然、中国ということになるわけでありますが、かつて漢方薬が日本に渡来してから、鎖国制度を経たことで独自に進化してまいりました。

そして漢方薬は、日本の厳しい医薬品医療機器等法によって成分分析が進められた結果、本場であるはずの中国では見られない処方まで行われうようになっているのであります。

実際に今の時代の漢方薬は、中国から日本へと買い付けにくるほどの人気を博しているのであります。そんな優れものである日本の漢方薬なのですが、実のところを申せば多汗症の症状改善に効果があるものも存在しているのであります。

大きな個人差がある漢方薬の効果

前述した通り、多汗症の症状を改善させることができる漢方薬は存在しているのでありますが、ただし、漢方薬の効果には大きな個人差がありまして、多汗症の悩みを抱えている全ての人に効果があるというわけではありません。

実際に漢方薬を服用する人の体質次第では、全然効果がなかったということも現実に起きているのであります。しかしながら、その一方で症状が大きく改善されたという方も間違いなく存在しているのです。

したがいまして、漢方薬は実際に服用をしてみないことには効果の程は分からないということになるでしょう。

薬よりも副作用のリスクが少ない漢方薬

漢方薬は、副作用が少ないと言われております。というよりも、漢方薬には本来、副作用という概念が存在していないらしい・・・。要するに、副作用が現れた時点で処方に誤りがあったという考え方だそうです。

ただ、そうは言いましても多少の副作用が現れることは現実的にはあるのですけれどもね。しかしならがら、西洋医学の薬よりもはるかに副作用が少ないことは間違いのないところであります。

さらに言えば、漢方薬が価格が安いものが多いことも含めて、多汗症の治療で漢方薬を服用しえちる人は多いのです。

根気が必要となる漢方薬による多汗症の治療

ところで漢方薬の特徴には、即効性がないという点があります。そんなことから、多汗症の症状を改善させることに即効性を求める方は、漢方薬による治療はミスマッチということになるでしょう。

漢方薬で多汗症の症状改善を臨むということであれば、根気よく治療を続ける必要があります。

その反対に、即効性を求める方は、医師に相談した上で、ボトックス注射やETS手術による治療を受けるべきですね。




関連記事

スポンサーリンク

新着記事